革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

毛穴と美肌の関係性         

毛穴はお肌にとって、とても大事な役割を果たしています。
毛穴はお肌にある余分な皮脂を、外に排出するための出入口の役目です。
よく顔のTゾーンや鼻の頭が、テカったりしませんか?
そのテカリは余分な皮脂がお肌の外に出たために起きたもので、あぶら取り紙などでテカった部分を押さえるとしっかりと脂がとれます。
こうしてお肌の内部の皮脂を一定に保ち、美肌を保とうとするわけです。

顔の表面は、皮丘という肌の組織が何枚もくっついてでき上がっています。
なので細胞を調べると、触った感じでは真平らのように感じるかもしれません。
でも実際は、盛り上がった皮丘を言う細胞がくっつきあってるので、ボコっとしています。
そのくっついている所に、できているくぼみを皮溝といい、その皮溝があわさった部分が、毛穴になります。

毛穴は本来、余分な皮脂を出すときに開き、その時以外は閉じています。
なので、この毛穴の開け閉めがコントロールできている肌というのが、美肌と言われる状態です。
しかし毛穴が開きっぱなしだったり、毛穴に汚れや皮脂が溜まってつまった場合などは要注意です。
毛穴の部分がに汚れがたまっていくと、その部分が酸化し黒ずみとなって肌の表面にあらわれてしまいます。
また毛穴の汚れが、蓄積されてその細胞が炎症してしまうと、ニキビとして表面化してきます。
これらのことからも分かるように、毛穴の状態がよくなければ、美肌とはいえないということです。

それでは毛穴が開かないようにするためには、どうしたらいいのでしょうか。
その為には、肌に充分の保湿が必要になります。
肌が保湿できている時は、皮丘と皮丘のくっつく部分がより密着し、皮溝の部分が狭くなりお肌のハリが出るとともに、毛穴がしっかりと閉じやすくなります。

またお肌の内側の弾力も毛穴に影響があります。
お肌の内側の真皮という部分に、コラーゲンやヒアルロン酸が十分補われている状態は、お肌の弾力があり表面のキメが細かくなり毛穴が引き締まります。
なので美肌へとつながっていきます。

毛穴の状態が悪くなると、色んな形でお肌の表面にあわられます。
それが一つのサインだと思って、肌トラブルのない美肌を目指していきましょう。