革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

毛穴はニキビの原因にも?         

ニキビはよく体の変化のサインの一つとも言われています。
なかでも顔にできるニキビが多いです。
顔にニキビができてしまうと、鏡を見るたびに気になってしまいますよね。
そんなニキビができないように心がけるには、まずどのようにしてニキビができてしまうのか知ることが大事です。

ニキビができる原因は、決して一つではありません。
生活習慣の乱れ、食事の変化、睡眠不足、など様々な要因から生まれます。
それはニキビだけでなく、様々な病気でも同じことが言えます。
なかでもニキビは、毛穴と大きな関わりがあります。

まず毛穴とは、お肌のコントロールと体内のコントロールに大きくかかわっています。
お肌は真平らの表面ではなく、皮丘という組織がくっつきあってできており、その境目の隙間を皮溝といいます。
これらが均等な肌ほど、きめが細かくキレイな肌といえます。
そんな皮溝の一部を毛穴と呼びます。
毛穴は、体内にある余分な皮脂を出すための出口として、重要な役割をしています。

その毛穴が、例えば化粧などや汚れが落としきれず、汚れでふさがってしまうとします。
その汚れが溜まり、周りの細胞に炎症として症状があらわれてしまいます。
それがニキビという状態です。
なので毛穴の状態によって、ニキビができやすかったりできにくかったりします。

本来毛穴は、閉まった状態になっていて、必要な時に応じて開くようになっています。
なので、皮脂が排出するときに開くというわけです。
でも肌の調子が悪く毛穴が開いた状態が続くと、外部から汚れなどを取り入れてしまいニキビの原因となる炎症を、引き起こしてしまう状態になります。
よくお肌のきれいな人は、毛穴を引き締める為のお手入れをしている人が多いですよね。
特に年齢に応じて、お肌のたるみなどで毛穴が開きやすくなってしまいます。

なので毛穴のケアをすることが、ニキビをできにくくする対策の一つとしてとても重要です。
また毛穴のケアをするということは、お肌の細胞を整えキメが細かいお肌へと導いてくれますのでお肌の若返りへの効果にもつながります。