革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

毛穴の黒ずみの原因は?         

まず黒ずみとは、肉眼でもはっきり分かるぐらい毛穴が黒くポツポツとなっている状態のことを察します。
ある日急に目立つようになったと、感じる人がいるかもしれません。
しかし毛穴の黒ずみは、黒ずみとして肌の表面にわかるようになるまでに、いくつかの段階があります。
なので、本来なら早い段階でケアができていれば、黒ずみにはならないことが多いのです。
では、どのようにして黒ずみができてしまうのでしょうか。

まず一番最初に、毛穴が広がった状態になります。
これは食事で脂っぽいものや甘い物を過剰に摂取すると、脂肪分を多く体内に取り入れてしまい、この脂肪分は体の表面に皮脂となって現れます。
これが過剰になり過ぎると、脳に余分な皮脂を出すように指示が出ます。
すると毛穴が開き、皮脂を出すという仕組みです。
なので、多くの脂肪をとると、余分な皮脂を出すために毛穴が常に開いた状態が続くことになり、毛穴に汚れがついたりしやすくなります。

次にこの開いた状態の毛穴に、皮脂がたまったり汚れが溜まった状態になります。
よく脂取り紙を、テカった部分をあてるとくっつきますよね。
それだけ脂がでているということと、脂のおかげで物がくっつきやすくなっているということです。
これは、ほこりや汚れが皮脂が溜まっている毛穴にくっつきやすいのと同じ事です。
皮脂がたまったり汚れがたまると、角栓となって毛穴をふさいでしまいます。

最後にそのふさがれた毛穴が放置されると、空気に長時間触れることで酸化し黒くなります。
またさらに紫外線を多く浴びてしまうと、メラニンという色素を作り出してしまいます。
すると、より黒ずみがひどく見えてしまいます。
これが黒ずみになる仕組みです。
一度で黒ずみになるのではなく、毛穴のトラブルが何段階か積み重なっておきてしまうので早めの対策が必要になります。

特に、この黒ずみを放置しておくと、炎症を起こして黒ニキビとなってしまいます。
黒ニキビにまで発展してしまうと治りも遅く、ニキビ跡が残ったりしてしまいます。
必ず早い段階での毛穴ケアを試みるのがいいでしょう。